少年はまだ泣いてはいられない

君が考える「カレー」と、みんなが想像する「豚の角煮」は、もしかしたら全く違ってるかも。そんなことを想像してみると、ちょびっと変な感じだね。

悲しそうに話す弟と壊れた自動販売機

子とのふれあいをすると、娘は非常に好感をもってくれる。
一歳までは、会社の仕事が非常にヤバく、顔をあわせることが少なかったため、珍しく顔をあわせても近寄ってくれなかった。
実の父なのにと寂しい心もちだったが、会社の仕事が大わらわだからと見放さずに、毎週、休みの日に散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂でも笑ってくれるようになった。
今日この頃、出勤で出かけていく時、自分が行くことが悲しくて泣いてくれるのがほほがゆるむ。

ノリノリでお喋りする兄弟と突風
出張の時間つぶしに、ポーラ美術館に行って以来、芸術鑑賞に虜にされている。
びっくりしたのは、単独でのんびり観賞しに来ている方も多かったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、期間限定の展示が非常にそれからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、催し物が非常にあの有名な横須賀美術館には、子供を描いた絵の多い谷内六郎の作品がたくさんある。
谷内六郎は、まさに週刊新潮の表紙絵の人物だ。
それ以外でも、日光にある、夢二美術館で大量のポスカを購入したことも。
このように、絵にはなにかと素敵な空間を貰っている。

涼しい土曜の日没に座ったままで

オフィスで着るパンツスーツを選びに来た。
コムサでモードなどフォーマルなところも憧れるけれどギャル系のお店もありだと思う。
20代くらいの元気な女物の服屋で体にフィットするファッションが多数。
値段はテナントによって差が出てくるが、大体はリーズナブル。
中で、製品を選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着用後、ちょっとはお洒落に見えるような気がする。
なかなか素敵なスーツ購入ができて、ちょっと満足感があった。

暑い祝日の深夜に熱燗を
ある大事な仕事がやってきたとき「まあ、なんとかなる」などと思っていた社会人になりたての自分。
その時、私たちプロジェクトメンバーのみんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」と深く考えずに取り組んでいた。
すると指導担当の上司が促した言葉が記憶に残っている。
「目標に向かって、じゅうぶんに準備をしたからこそ、過ぎてしまえば無事だっただけの話。
だから、みんなのように軽く構えていて、運よく内容が単純だったという意味ではありません。
過ぎれば単純だったと言う言葉の裏にあるのは、正反対です。
コツコツとじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ力が有り余って、事が円滑に進んだという事を言っているだけです。
精一杯その気になれましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
という事だった。
この言葉があってから、メンバーは頑張って勉強しなんとか収めきることができた。

曇っている大安の早朝にビールを

普段、マンションで個人で出来るような仕事して、繁忙期に誘いがかかるとプロジェクトでの仕事に参加する。
たった、何回かだけど、本気で億劫に感じてしまう。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうなど。
一日が始まれば頑張るけれど、多くの人間に囲まれて、チームで仕事を行うのは難しい。
なんて、友達に相談すると、気持ちは理解できるよ、など豪快に笑っていた。

風の強い休日の夜は冷酒を
かなりの確率でEくんからのE−MAILのなかみは、何のことを伝えたいのかまったく知ることが出来ない。
酔っててもノンアルコールでもほとんどいまいちだ。
しかし、E君が仕事で書いたという、会社の商品の梅干しに関してと、寄付金についての文を読ませてもらった。
意味の通じる文章を書けるじゃん!と感心した。

悲しそうに話す家族と観光地

近頃のネイルスタジオは、バイオなど、かなり難しい技術が使用されているみたいだ。
ちょっぴりサービスしてもらえるインビをくれたので来店した。
私は、カラーや雰囲気に関して、優柔不断なので、デザインを伝えるのに時間を要した。
親指に簡単なネイルアートをしていただいて、凄く機嫌がよくなった。

勢いで話す母さんと穴のあいた靴下
会社に属していたころ、いまいち退職するきっかけがなかった。
絶対辞職したかったという訳ではなかったから。
働く意思がないのかもしれない。
面倒になって、ある時、はっきりと辞めると言った。
こんな日に何でか、普通は若干まじめだと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
話の中で、自分の事情を知るはずもないKさんが「この仕事、大変だけど、君はしばらくやっていけるよ。」と言ってきた。
色々あったので胸が苦しくなった。
これも何かのきっかけだと思い、その日の帰りに、教育係に辞めることをなしにしてもらった。

風の無い平日の夜にシャワーを

娘の4歳の誕生日が近くて、プレゼントを何に決めようかを迷っている。
妻と相談して、体で遊ぶアスレチック系か頭を使うものか着るものなどにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実際に見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
だけれど、子供に触らせてみたら、以外とあっさりと決めることができた。
秘密基地というおもちゃに一生懸命になったから、それに決めた。
ただ、今の借家が小さいので、小さめの折りたたみ可能なものに決定した。
販売価格もなかなか安かったので、助かった。

ノリノリでお喋りする君と読みかけの本
某有名芸能人が電撃引退することで、報道で大量にやっているが、たいそうすごいですね。
また変わる国の総理がどなたに決まるかという話より報道でも順番が先ですからね。
どういった政治家が日本の総理大臣になっても変化しないと思う方もすごくいるし、それよりは有名司会者が芸能界を電撃引退というのが影響がでるということですかね。

Copyright (C) 2015 少年はまだ泣いてはいられない All Rights Reserved.