少年はまだ泣いてはいられない

テレビのアンケート等で、「お父さん」のことを尋ねられたら、アナタはどう返答する?「ミネラルウォーター」って、人それぞれで印象が全く違うかもしれないね。

前のめりで熱弁する友人と夕立

先日、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた学生時代の仲間で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、学んでいたのが旅行関係と英語なので、旅行が大好きな生徒たちであふれていました。
なかでも、この2人を含む、仲良し6人で世界各国へ宿泊した思い出は大切です。
私はもともとそれほど仲のいい友達が多い方でもないし、それでそれで良いと思っています。
だから、とても嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足そうな顔をしていたのもポイントでした。

曇っている金曜の晩は想い出に浸る
江國香織さんのストーリーに出てくる女の人は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
けれど、運命的に大切に思っているのは旦那様だけのたった一人。
そんな女の人たちがよく登場するような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと思えば、旦那さまは陽。
ふとした瞬間にスイッチが入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する良い悪いは置いておいて、そのストーリーの女性をしっかりみつめる。
私の中に新たな恋愛に対する考え方や見解が登場することもたまにある。

ノリノリでダンスするあいつとぬるいビール

友達の知佳子の彼氏であるSさんの働く会社で、いつも和歌山の工場で作った梅干しをお願いしている。
酔っぱらうと電話をくれるSさんが可愛がっている部下のEくんという働き者は、ぜんぜん会話がかみ合ったことがない。
ノンアルの時のE君、わりと照れ屋らしくそうたくさん話さない。
だから、私はEくんとじゅうぶんに話をしたことがない。

湿気の多い休日の朝に友人と
一度手を付けたら、満足させるまで多くの時間を要するものが、世の中にたくさんある。
やはり、外国語の習得だろうとみている。
しかし、お隣の韓国の言葉は、まれに、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、その上に発音がそっくりなので、習得しやすいそうだ。
しばらく韓国語を特訓していた友人曰く、今からのスタートでもわりと身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
少しだけ夢が膨らんだが、どうしても韓国語の文字はお絵かきにしか思えない。

凍えそうな木曜の晩にお菓子作り

とある雨の日の午後、少年はママからおつかいをたのまれて、白菜とねぎと豚肉を買いにいくところであった。
少年は喜んだ。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
だが、彼への試練は次の瞬間に起きた。
なんと、ポッケに入れていたはずのおつかいのためのお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はお店のレジに並ぶ前に、念のためポケットの中に手を入れて確認してみたのだ。
そして、その時お金がどこにも無いことに気が付いたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家路につくことにした。
これからは、お金は靴の中か靴下の中にしまっておこう。
少年は涙をこらえつつ、そう決心した。

控え目にダンスする兄さんと気の抜けたコーラ
5年前から、鹿児島に住むようになって台風をものすごく気にするようになった。
強さが全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも神奈川に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風が全然違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると話を聞いた時は、大げさだと思ったが、事実だった。
大型台風が通った後は、高いヤシや大きな木は道路に倒れ、海沿いの道路はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの民家では、車両のサイドミラーが割れたり、家のガラスが割れ、風が入って天井が壊れたりと本当かと考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすっただけでも風はめっちゃ強く、古い家に住んでいると家のきしむ音がとっても心配してしまう。

前のめりで口笛を吹く姉妹と突風

少年は夜中の三時に目覚めてしまった。
夏休みが始まって1週間ほどたった夏の夜だった。
暑さと湿気で寝苦しく、寝が浅かったのだろうか。
せんぷうきは部屋の空気をかき混ぜているだけで、全く涼しいとは思えない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作り始めた。
冷蔵庫を漁り、肉と野菜を切って、調理を始めた。
夜明け前には、家中にスパイシーなカレーの匂いがしてきた。

雹が降った週末の夜はゆっくりと
タリーズコーヒーでも、ミスドでもどこに入っても美味しいコーヒーを飲める。
他にも、家でインスタントでも手軽だし、いろんな場所で

私が一番好きなのは、スターバックスだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのは、煙草の煙が嫌いな私にとってありがたい。
そのことから、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
金額も高いけれど、立派な豆が使われているのでグルメにはたまらないだろう。
甘いもの好きには毎回コーヒーとともに、ついついケーキもオーダーしてしまうという落とし穴もある。

自信を持って口笛を吹く彼女とぬるいビール

夏休みが2週間くらい過ぎた頃の夕方。
「カンケリ」で鬼役をしている少年は、とてもお腹をすかせていた。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られて捕まえた友達が逃げるので、もはや今日の缶蹴りは終わりが見えない、とうなだれていた。
クタクタにつかれて家まで戻ると、ドアを開けた瞬間に今日の晩御飯が判明した。
とびっきり美味しそうなカレーの香りに、少年は笑顔になった。

控え目にダンスする姉妹と花粉症
アンパンマンは、子供に人気の番組だけど、しかしたくさん暴力的だと思う。
内容のラストは、アンパンチとぼこぼこにして解決する時がめっちゃ多く思える。
こどもたちにもとっても悪い影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとかびるんるん達が、そんなにひどいことをしていない話の時でも暴力で話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見たら、やめろといいながらすぐに殴りかかっている。
話を聞かずに問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、殴って解決するからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたっても同じ内容だ。
思うのだけれど原作は違うのだろうけど、アニメ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

Copyright (C) 2015 少年はまだ泣いてはいられない All Rights Reserved.