少年はまだ泣いてはいられない

テレビのインタビューで、「ジントニック」のことについて尋ねられたとしたら、アナタはどんなことを返答する?「充実感」は、人それぞれで印象が全然違うかもね。

涼しい水曜の夜はシャワーを

使う予定があり必要性のある太い竹をきちんと拝領するようになり、渡りに船なのだが、密集した竹が面倒でどしどし運び出してほしがっている土地管理者は、必要以上に竹を取って帰らせようとしてくるので大変だ。
多めに運んで戻っても捨てることになるのだが、竹が困ってしょうがないらしく、運んで帰ってくれとしきりにお願いされる。
こちらもいるものをもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

勢いで叫ぶ姉ちゃんと公園の噴水
めっちゃ甘い物が好みで、スイーツなどを自作します。
普通に手で混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだけれども、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、非常に簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるようにしています。
砂糖が控えめでもニンジンや野菜自体の甘味があることによって、好んで食べてくれます。
このごろは、スイーツ男子なんて表現もテレビで言っているから普通だけども、しかし、学生の頃は、甘いお菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういう男の子がよくいるよねとも言われる。

湿気の多い水曜の朝にシャワーを

私はお肉をそこまで食べられないので、食生活はどうしても魚類が主流になってくる。
なので、夏の、土用の丑の日は、大したイベントごとだ。
江戸のあたりで鰻を開くときには、背開きという習慣が現在も続いている。
何故かと言うと、昔々武士社会なので、腹開きだと切腹に由来してしまい、よろしくないため。
もう一方で、大阪を中心にする場所で開かれる鰻には、腹開きである事が多い。
説明すると、関西は商人文化の町なので、腹を割って話そうと言う意味にもとれるから。
でも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
説明すると、関西は商人文化の町なので、腹を割って話そうと言う意味にもとれるから。
でも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
上記の知識は、旅行会社で働いていた時に、毎回、参加者にしゃべっていた雑学です。
横浜駅から出発して、静岡県の沼津のうなぎを食べに向かおうという日程。

蒸し暑い週末の夕暮れに外へ
真夏に、沖縄へ働きに出かけた。
日差しがかなり暑い!
ゆとりのあるカットソーの上から、スーツの上。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着のジャケットは大変なことに。
ホテルにまで着いて、洗濯機もなかったのでボディーシャンプーで綺麗にした。
夜が明けてそのジャケットは桃のいい匂いがした。
ジャケットがボロくなあるのではないかと心配したけれど、何があっても洗うべきだと思っていた。

笑顔で体操する君と電子レンジ

定期的な診断は、毎度どういうわけか引っかかる。
心音だったり、血液検査だったり、尿だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを一気飲みして受けてみて、診断結果がくると、胃がんの疑いがあり、早急に、胃の再検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったというより、むしろ不安だった。
すぐに専門の病院に再検査に原付で行ったら、ただの胃炎だった。
胃はすでに苦痛があったので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文で自分の名前と胃がんの疑念が存在すると書き記してあったら不安だった。

曇っている水曜の夕暮れは昔を懐かしむ
知佳子と天神のアバクロンビーに行った。
本当にAbercrombieのカジュアルなコーディネイトが好き。
また、店内のデザインと、満ちている香りが。
1時間程度うろついて、アバクロンビー&フィッチを出た。
気付くと、私が歩道を占領して歩いていたので、ごめんなさい!と言って振り返った。
そういえば、店員さんだと思っていたお兄さん。
笑顔で、ありがとう、と言っていた。
目についたのは、彼のショップ袋。
アバクロンビー&フィッチでいったいどれくらい買ったの?って質問したくなった。
そして、スタバでチカコとそのお兄さんの職業予測で議論をした。
ANSWERは謎だけど。

一生懸命跳ねる弟と電子レンジ

蝉鳴き声も聞こえなくなった夏の日の晩。
少年は縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
かじっては西瓜のタネを庭に向かって吐いていると、ときには種が遠くまで飛ばず、自分の服に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の匂いと、星のよく見える暑い夜、そして西瓜の味。
少年はそれぞれを堪能しつつ、明日は何をして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

余裕で跳ねる友人とわたし
一眼も、マジで楽しいと思うけれど、またハマると言えるくらい好きなのがトイカメだ。
5000円持っていれば単純な物が気軽に所有できるし、SDがあるならばパソコンでもすぐに再生できる。
真実味や、感動の瞬間をシャッターに収めたいなら、ピント調節ができるカメラが似合うと思う。
けれど、その雰囲気や季節感を撮りたいときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと熟考する。

雲が多い休日の朝は散歩を

お盆やすみでも生家から別れていたらとあまり感じることがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと考え生まれた家へ買って送った。
生まれた家に暮らしていたら、線香を手に持って祖霊の歓迎におもむいて、盆のしまいにお見送りにおもむくのだが、別れて生きているので、そう遂行することもない。
近辺の人は、線香を持って墓におもむいている。
かような場景が目につく。
常時より墓前の前の道路にはたくさんの乗用車がとまっていて、人も大変たくさん目に入る。

息もつかさず大声を出す家族と壊れた自動販売機
実際に行きたくて思い焦がれていた所、それは真鶴。
この地を知ったのは真鶴という川上弘美の文庫本。
いろんな解釈があり、自分の未熟な頭では、いまだに深い理解はできない。
しかし、登場する真鶴岬の雰囲気が大好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の境目に位置する所がここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の先、海から頭を出しているのは、三ツ岩という石が3つ。
真ん中の岩の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いてたどり着ける。
思いかなって、実際の景色を見ることができた。
私のデジカメの中身はここの風景写真がたくさん。
小さな宿の女将さんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

Copyright (C) 2015 少年はまだ泣いてはいられない All Rights Reserved.